富貴蘭

スポンサードリンク

2008年06月18日

富貴蘭を購入するには通販

着生蘭であるフウランの変異品種、富貴蘭はとても人気のある蘭です。見ごたえのある葉や花は観賞用としても優れていますし、甘く、バニラのような香りを放つ花はとてもよい香りが楽しめます。
古くは、江戸時代の前からこの富貴蘭は人々に愛されてきました。徳川幕府の頃には、大名行列の籠につるしたりだとか、11代将軍徳川家斎がこよなく愛したとされる蘭でも有名です。高貴な人々に愛された蘭でもあるのです。
日本蘭なので、乾燥にも強く、コツさえつかめば簡単に栽培できてしまうことから、現代においても、とても人気のある蘭なのです。
では、どうやってこの富貴蘭は手に入れることができるのでしょうか。一般的には、園芸店に足を運び、気に入ったものを購入するということでしょう。しかし、実際にはこの富貴蘭を扱っている販売店はとても少ないのが現実なのです。ですから、この富貴蘭を扱っている園芸店が、お近くにない方は、通販で購入するという方法がよいでしょう。通販の場合は、野性蘭や蘭科植物を扱っている園芸雑誌の広告を見てみるのが一般的な入手方法でしょう。しかし、最近では、こんな広告だけでなく、インターネットで簡単に通販できてしまう場合も多いようです。
posted by gau02 at 14:14| Comment(31) | TrackBack(6) | 富貴蘭 通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

富貴蘭を通販で購入する注意点

江戸時代から注目されてきた富貴蘭。この富貴蘭を通販で購入するポイントをいくつかおさえておきましょう。
富貴蘭といえば、野生蘭であるフウランの変異品種ですが、富貴蘭という名前をもらえるまでには、「日本富貴蘭会」で認められなければなりません。その時点で、厳しい審査を通ってきた富貴蘭ですが、見極めるのは、購入する本人、アナタなのです。
近年では、インターネットでの通販が盛んになっています。その方法で入手する場合には、まず、固体のスケッチとして色々と説明の書いてあるものを冷静に検証してください。
すべてが偽物というわけではありませんが、名のある実生に別の名をつけて販売していたり、縞もないのに堅状線と絣斑を指して縞だして販売しているものもまれに見られます。ですから、富貴蘭として売られていても、違ったものもあるかもしれないので、購入者であるアナタもそれなりの知識が必要になるわけです。
しかし、富貴蘭と言えば背丈の小さいことで有名ですが、何年も月日が経ち、背丈が伸びてきたりということもあるので、購入したそのときに結果がわかるというものでもなさそうです。
ですから、説明をよく読み、ある程度知識を養い、それからの購入をオススメします。
posted by gau02 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

富貴蘭の通販

最近では富貴蘭をインターネットの通販で販売・購入するという人が増えています。その背景には、富貴蘭を取り扱っている園芸店の少なさがおおきく関わってきているようです。自ら園芸店に足を運んで選ぶというのが一般的ではありますが、近くに富貴蘭を取り扱う販売店がないという方にはインターネットでの購入が一般的となっているようです。
しかし、近年、インターネット富貴蘭界のモラルの低下が問題となっています。あまり知識がないままに購入してしまうと、大変なことになっていしまいます。主にオークションでの問題が多いようなのです。購入してみて、手元に届き、すぐに確認できるような違いだったら、出品者の評価で明らかになりますが、中には、本物か偽物かの見分けがつくまでに数年かかってしまうケースもあるようです。
珍品と思っていたものもすでに出回っている実生銘品だったり、富貴蘭といえば小さいものですが、購入当時小さかったものも大きくなってくる場合もあります。そういった場合、何年も経ってしまっていて、出品者に文句を言うこともできず、泣き寝入りしるしかないということになってしまうのです。それを悪用する悪い出品者もいますので、十分に注意が必要です。
posted by gau02 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

富貴蘭を通販で購入するには

富貴蘭をインターネットのオークションなどの通販で購入するには、注意が必要です。「富貴蘭と言えば高価なものだ」というイメージがつよいために、インターネットオークションでの通販を悪用した出品者が出てきています。実物を見て確認できないことから、ごまかしがきくために、販売する側は、工夫を重ね、売るために少しのセールスポイントをアピールしていますから、それを購入する側の人が良いところを拾い上げすぎて、勝手に想像をふくらまし、得したと思っていても、実際に届いたものを見てみると、違う!と思うこともあります。通販といっても、柄性だとか姿が美しいものは、やはり「高価な富貴蘭」ですから、それなりの金額はします。ですから、購入をあせってしまうよりは、冷静に、自分の予算内で選ぶということを心がけてください。しかし、安ければいいというものでもないので、長い目で見ると、手堅い人から富貴蘭を入手するのが一番のように思います。信頼関係が一番です。代金相応のリスクを心がけておくことが大事です。そのためにも、まずはアナタ自身の富貴蘭への知識を持っておくことが大事といえます。ある程度の知識があれば、見極めるにも重要な鍵になってくるでしょう。
posted by gau02 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

富貴蘭販売の価格

富貴蘭は人気のある植物なので、その販売の価格も高価になってしまいがちです。富貴蘭と一言に言っても、色んな品種があり、人気もまた違ってきます。多くの品種は人気と需給に左右される相場制の高い園芸なのです。富貴蘭の販売の価格は人気に左右されるわけですから、不変ではないのです。値段だけにとらわれてしまうと価格の変動によって一喜一憂することもあるし、そのことで富貴蘭という原点を見失ってしまうことにもつながってくるわけです。
様々な品種の富貴蘭が次々に生まれ、人気が上がっては落ちてゆくという富貴蘭もありますが、中には昔からの人気を保ち、現在に至っても大変根強い人気を維持しているという品種もあります。
人気がなくなったからといって、その富貴蘭自体の価値が下がるというわけではありません。むしろ、販売の価格も安くなり、逆に言えば手に入れるチャンスなのかもしれません。富貴蘭の芸を楽しむのは自分自身なわけですから、自分が気に入ったものがすべてなのです。バニラのような甘い香り、そして、それぞれ違った芸を持つ富貴蘭。この富貴蘭を手に入れるのも、そう難しいことではありません。自分好みの富貴蘭を探してみましょう。
posted by gau02 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

富貴蘭の販売について

数ある蘭の中でも人気の高い富貴蘭ですが、見たことも聞いたこともないという人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
この富貴蘭とは、野性蘭であるフウランの変異品種で、「日本富貴蘭会」で富貴蘭である認められたものを富貴蘭といいます。この富貴蘭は園芸店などで販売されていますが、実際にはこれを取り扱っている園芸店は数少ないようです。しかし、近年ではインターネットでも販売していますので、わざわざ園芸店に行かなくても手に入れるチャンスはあるようです。
富貴蘭とは、古くから愛されてきた蘭であり、その歴史は江戸時代にまでさかのぼります。11代将軍徳川家斎もとても愛好したことでも有名です。その花姿は、芸術的で、芸を楽しむ観賞用として用いられます。とても魅力的な花、茎、葉は、圧巻です。しかし、それだけではなく、甘い香りを漂わせることでも有名な花です。白い花からはとても強い甘い香りが広がります。この香りをバニラのような香りと例える人が多いようです。確かに、バニラも蘭科の植物であるため、仲間の一種なんです。色んな楽しみ方のあるこの富貴蘭、販売しているところを見つけ、購入されてみてはいかがでしょうか。
posted by gau02 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

古くからの富貴蘭の販売

現代においても、とても人気の高い蘭である富貴蘭。この富貴蘭は、さかのぼること江戸時代から人気は博していたとされています。
富貴蘭はフウランの変異品種なのですが、今もなお改良がすすめられ、新しい品種がうまれていますが、江戸時代からあったというのは驚きです。しかも、形もこの時代には完成していたのいうのですからこれもまた驚きです。
この富貴蘭ですが、近年でも高価な花とされていますが、江戸時代当時も高価であったようです。
その販売の方法は、葉1枚につき幾らというような代価を算出していたようです。葉1枚当たり五両なら、この富貴蘭の標準割り子で5枚葉が基本とされていますから、販売価格は25両ということになります。このように高価な蘭は、とてもとても庶民の手の届く価格ではありませんでした。この富貴蘭の風流さも、庶民にはとても味わえるようなものではありませんでした。ではどんな人々がそんな販売価格で購入していたのかと言うと、やはり、大名のような上流階級の人々だったのです。この当時の将軍、徳川家斎が愛好していたというのが有名な話です。
庶民でも手を出せるようになってきたのは、戦後、富の配分が行われてきて、余裕の出てきた時代になります。
posted by gau02 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

富貴蘭の販売方法

富貴蘭販売方法は、江戸時代にさかのぼります。この頃、富貴蘭の販売の価格を決めていたのは、葉1枚あたり幾らというような決め方でした。例えば、葉1枚5両と決めていたのなら、富貴蘭の標準割り子である5枚葉で計算すると、この富貴蘭の販売価格は25両というようになります。この頃の庶民にはとても手の出せる販売価格ではありませんでしたが、戦後の日本で、少しずつ余裕のでてきた時代に、一般庶民も園芸として、この富貴蘭を楽しむようになっていったとされています。昔から人気の高い富貴蘭ですが、高価というイメージは今も昔も変わらないのではないでしょうか。
この頃に販売方法として用いられていた葉1枚幾らという代価の計算方法ですが、近年になっても受け継がれているようです。それは1980年頃まで富貴蘭の代価の算出方法として用いられていました。
葉の枚数と言っても、富貴蘭は基本的には5枚葉を標準苗木としていますので、現在の販売ではもっとわかりやすく、標準割り子単位の価格設定となっています。しかし、標準木といっても、柄や木製、根の状態、柄の程度によって販売価格の変化は否めません。幅広い値段がつくのはそこなのですね。
posted by gau02 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

富貴蘭の満月とは

「日本富貴蘭会」で厳しい審査を受け、新しい品種であると認められた富貴蘭は数多くあります。その品種は「朝日殿」「鈴虫」「富貴殿」「金牡丹」「満月」など、他にもまだまだたくさんの種類の品種があります。“富貴蘭”と一言で言い表すことができないほどです。
この中で「満月」という品種をご紹介しましょう。この「満月」とは、富貴蘭の中でも姫葉をゆるりと抱えた、やや大型の風蘭なのです。富貴蘭と言えば、小さいものというイメージですが、この「満月」は少し大きめなのです。柄は後冴えで、夫婦品種である「富貴殿」と対照的なものなのです。「富貴殿」は富貴蘭界を代表するような名称であり、その名のとおり、実力も人気も兼ね備えた品種なのです。その「富貴殿」と夫婦品種の「満月」もまた、人気の高い品種と言えるでしょう。そして、この「満月」は頓に対する人気が最も高いとされています。一部の人々の中では天橋系とも言われていますが、こちらはさらに大型の蘭なのです。元々は似た品種なのですが、作によるものなのか、別品種のものなのか、判別しないところもあるようです。この「満月」を選ぶポイントは、小型で派手なものを選ぶよりもがっちりとした紺の通ったものの方がその後の生育による結果が期待できるでしょう。
posted by gau02 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 満月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

富貴蘭の満月

最近若い人の中でも人気の高い「富貴蘭」ですが、なぜそんなにも愛好されるのでしょうか。そもそも富貴蘭が愛好され始めたのは、江戸時代とされています。当時の11代将軍徳川家斎がこよなく愛好したのが、この富貴蘭なのです。その花姿といい、甘い香りといい、当時からとても人気がありました。現代においても、その根強い人気はとどまることを知りません。毎年のように新しい品種が生み出され、見るも美しい富貴蘭はとても人気があるのです。
その中でも「満月」という品種をみなさんはご存知でしょうか。特徴としては、葉幅があり、その葉肉は厚い姫葉であり、そのことから、「富貴殿」と夫婦品種といわれています。「富貴殿」とは、富貴蘭の中でもその名のとおり、代表的な富貴蘭の品種であり、人気も高いものです。そんな「富貴殿」と夫婦品種の「満月」は後冴えの黄大覆輪で、白く糊を引いたような感じであり、斑と緑の境目がはっきりしません。3本立ちくらいの方が見栄えよく見えるのではないでしょうか。夫婦品種である「富貴殿」とどちらが好きかは好みによるでしょう。派手めのものは価格は安いのですが、どちらかというと育てるのも大変なので、さけたほうが無難でしょう。
posted by gau02 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 満月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。