古くからの富貴蘭の販売 富貴蘭

スポンサードリンク

2008年06月12日

古くからの富貴蘭の販売

現代においても、とても人気の高い蘭である富貴蘭。この富貴蘭は、さかのぼること江戸時代から人気は博していたとされています。
富貴蘭はフウランの変異品種なのですが、今もなお改良がすすめられ、新しい品種がうまれていますが、江戸時代からあったというのは驚きです。しかも、形もこの時代には完成していたのいうのですからこれもまた驚きです。
この富貴蘭ですが、近年でも高価な花とされていますが、江戸時代当時も高価であったようです。
その販売の方法は、葉1枚につき幾らというような代価を算出していたようです。葉1枚当たり五両なら、この富貴蘭の標準割り子で5枚葉が基本とされていますから、販売価格は25両ということになります。このように高価な蘭は、とてもとても庶民の手の届く価格ではありませんでした。この富貴蘭の風流さも、庶民にはとても味わえるようなものではありませんでした。ではどんな人々がそんな販売価格で購入していたのかと言うと、やはり、大名のような上流階級の人々だったのです。この当時の将軍、徳川家斎が愛好していたというのが有名な話です。
庶民でも手を出せるようになってきたのは、戦後、富の配分が行われてきて、余裕の出てきた時代になります。
posted by gau02 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。