富貴蘭の販売方法 富貴蘭

スポンサードリンク

2008年06月11日

富貴蘭の販売方法

富貴蘭販売方法は、江戸時代にさかのぼります。この頃、富貴蘭の販売の価格を決めていたのは、葉1枚あたり幾らというような決め方でした。例えば、葉1枚5両と決めていたのなら、富貴蘭の標準割り子である5枚葉で計算すると、この富貴蘭の販売価格は25両というようになります。この頃の庶民にはとても手の出せる販売価格ではありませんでしたが、戦後の日本で、少しずつ余裕のでてきた時代に、一般庶民も園芸として、この富貴蘭を楽しむようになっていったとされています。昔から人気の高い富貴蘭ですが、高価というイメージは今も昔も変わらないのではないでしょうか。
この頃に販売方法として用いられていた葉1枚幾らという代価の計算方法ですが、近年になっても受け継がれているようです。それは1980年頃まで富貴蘭の代価の算出方法として用いられていました。
葉の枚数と言っても、富貴蘭は基本的には5枚葉を標準苗木としていますので、現在の販売ではもっとわかりやすく、標準割り子単位の価格設定となっています。しかし、標準木といっても、柄や木製、根の状態、柄の程度によって販売価格の変化は否めません。幅広い値段がつくのはそこなのですね。
posted by gau02 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。