富貴蘭の満月 富貴蘭

スポンサードリンク

2008年06月09日

富貴蘭の満月

最近若い人の中でも人気の高い「富貴蘭」ですが、なぜそんなにも愛好されるのでしょうか。そもそも富貴蘭が愛好され始めたのは、江戸時代とされています。当時の11代将軍徳川家斎がこよなく愛好したのが、この富貴蘭なのです。その花姿といい、甘い香りといい、当時からとても人気がありました。現代においても、その根強い人気はとどまることを知りません。毎年のように新しい品種が生み出され、見るも美しい富貴蘭はとても人気があるのです。
その中でも「満月」という品種をみなさんはご存知でしょうか。特徴としては、葉幅があり、その葉肉は厚い姫葉であり、そのことから、「富貴殿」と夫婦品種といわれています。「富貴殿」とは、富貴蘭の中でもその名のとおり、代表的な富貴蘭の品種であり、人気も高いものです。そんな「富貴殿」と夫婦品種の「満月」は後冴えの黄大覆輪で、白く糊を引いたような感じであり、斑と緑の境目がはっきりしません。3本立ちくらいの方が見栄えよく見えるのではないでしょうか。夫婦品種である「富貴殿」とどちらが好きかは好みによるでしょう。派手めのものは価格は安いのですが、どちらかというと育てるのも大変なので、さけたほうが無難でしょう。
posted by gau02 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 満月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100951641

この記事へのトラックバック
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。