富貴蘭の紅系 富貴蘭

スポンサードリンク

2008年01月30日

富貴蘭の紅系

富貴蘭の品種には、色んな種類があります。「亀金剛」や「法師」や「紅化粧」。これは有名なところを例に挙げたのですが、実はこの有名どころの3種(実際にはもっと多くの品種)が、韓国で生産された実生品だということをみなさんはご存知でしたか。調べてみると、有名な品種というのは、日本で生産されたものより、韓国で生産されたものの方が多いということがわかりました。もともと、富貴蘭のもとであるフウランは日本の野生蘭だったのですが、改良を加えているのは日本だけではないのです。オリジナル性の高いものが韓国で生産されているというのは驚きですね。しかし、考えようによっては、日本の富貴蘭の登録品種のコピーのようなものも多く、日本では大々的に発表を控えているだけで、次々に個性的な富貴蘭も生まれているのではないかという声もあります。しかしながら、そのような韓国で生産されたコピーが日本で広く流通することによって、日本の富貴蘭の下落にもつながるとして、問題視されているのも現実なのです。キレイな品種が次々に生まれていく一方で、問題点も山積みなのですね。キレイなものを求める生産者に悪気があるわけではありません。むしろいいことのようにも思います。難しい問題です。
posted by gau02 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 紅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。