富貴蘭 育て方 富貴蘭

スポンサードリンク

2008年01月31日

富貴蘭 育て方

富貴蘭育て方には、気をつけなければならない点がいくつかあります。これを守れば初心者でも育てることのできる植物ですよ。ご自宅のベランダで園芸を楽しんでみてはいかがでしょうか。
富貴蘭の育て方について、もっとも重要なことは、水をやりすぎないということでしょうか。乾いたら水をやる、という程度でいいのです。忙しい人でもできそうですよね。多湿を好まない富貴蘭は乾いた環境下でも立派にたくましく育つのです。日にも適度に当てれば問題ありません。あまり日にあてすぎると、葉や根が日焼けしてしまい、水分を吸収しずらくなり、枯れてしまう原因となるのです。ですからご自宅が日当たりのあまりよくない環境でも大丈夫です。富貴蘭は無事に育ってくれます。冬の厳しい地域であっても、凍らない程度の室温で育てることができます。凍ってしまうと、これもまた枯れてしまう原因となってしまいますので注意が必要です。鉢はまず、素焼き鉢を使用しましょう。風通しも乾き具合も丁度よく栽培できます。綿鉢など、きれいなものにしたいとなっても、少し慣れてからにしましょう。肥料もそんなにも必要ありません。これらに気をつけてベランダ園芸をはじめてみましょう。
posted by gau02 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富貴蘭の育て方は

富貴蘭育て方、という前に、もとをたどれば野生蘭であった富貴蘭。この富貴蘭は自然界ではどのようなところで生活していたのでしょうか。着生蘭である富貴蘭は、木漏れ日があり、風通しがよく、ほどよく湿度のある中で、木にくっついて生活しています。木に寄生しているでもなく、ただ、木にくっつき、雨が降って大量の水分をとるとき以外は根も乾燥している状態で、肥料もほとんど必要ないという環境で生活しているのです。日本蘭の一種ですから、たくましい植物なのですね。このように、弱々しい植物ではないので、ご家庭で育てるのにも、簡単に育てられるのです。野生とまったく同じ環境というのは、このコンクリート社会では難しいかもしれません。しかし、家の庭でも、ベランダでも、少しのスペースで簡単に育てることができるのも富貴蘭のいいところなのではないでしょうか。小型の蘭なので、場所をとりません。風通しのよいところにおく、日にあてる、水をやりすぎない、簡単に言ってしまうと、この3つなのです。富貴蘭は花をつけると、甘く強い香りを放ちます。白や赤などのキレイな花を見ながら、香りを楽しむ。現代の忙しい毎日から開放され、癒してくれることでしょう。
posted by gau02 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富貴蘭の育て方とは

富貴蘭は、小型の蘭なので、狭い場所でも楽しむことができますし、水やりも、乾いたときにやるだけなので、毎日を忙しく過ごす人にも気軽に育てることができます。育て方は、まず、素焼き鉢で水苔で芯を作るということからはじめます。すぐにキレイな鉢から栽培を始めるのではなく、素焼き鉢を使用することをオススメします。そして、先ほども言いましたとおり、水やりは1年を通じて、乾けば水をやるというのが基本です。春から秋にかけて、とくに夏は乾きやすいので、気をつけてみてあげてください。冬は休眠しますので、控えめにしましょう。そして、富貴蘭のもとの植物フウランの名が「風蘭」とあるように、富貴蘭は風を好みます。風あたりにも気をつけてみてください。肥料も基本的には無肥料で十分なのです。とても強い植物なんですね。ただ、成長期に液肥を週に1回くらいのペースで与えるといいでしょう。さらに、富貴蘭は陽を好みますので、日除けは1年を通じて、60%から80%の遮光下で栽培するのがよいとされています。富貴蘭の育て方は、このようなことに気をつけるだけで、まずうまくいくでしょう。アナタも富貴蘭のある生活を始めてみませんか。
posted by gau02 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

富貴蘭の育て方

富貴蘭育て方は、コツさえつかんでしまえば、比較的簡単だといわれています。富貴蘭はもともと日本の蘭ですから、乾燥には強い方なのです。まずは栽培してみましょう。ポイントとしては3点ほどあります。ひとつは「陽を好む」ということ。よく陽のあたる場所で栽培してあげてください。直射に近い方が、富貴蘭は喜びます。そして、もうひとつは「風を好む」ということ。富貴蘭は、野生のフウランの変異品種です。フウランとは「風蘭」と呼ばれるほどに、風を好む植物です。風通しのよいところにおいてあげましょう。そして最後のポイントは「多湿より乾燥」です。湿気があまりに多いよりも乾燥気味の方が富貴蘭には向いています。カラカラに乾燥するのはよくないので、ある程度は湿気も必要ですが、水のあげすぎにも注意が必要です。この3点を守ればあなたも富貴蘭栽培の仲間入りをはたすことができます。育て方としては細かくはほかにも注意点はありますが、まずはこの3つのポイントについて注意しながら育ててみましょう。自分の住んでいる環境にあわせ、富貴蘭選びや鉢選びなど、細かな点に気をつけながら選んでみましょう。美しい富貴蘭があなたの生活の一部となりますよ。
posted by gau02 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 富貴蘭 育て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。